宮崎市 I様邸 気密試験を行いました

弊社は、1棟1棟「気密試験」を行い、住んでいただくお施主様に
快適に過ごして頂くために、【住宅性能】をデータとして提供いたします。
【快適な家】とは、「断熱性能」と合わせて「気密性能」も考えなくてはいけません。
「断熱」に関しては「アクアフォーム」の吹付け断熱を採用してます。

「気密試験」どんな数値がでるかドキドキです。

平成15年から換気システムの導入は義務化されています。

「気密性能」が低いと生じる問題としては
・夏は暑く、冬は寒い
・内部結露により、家の寿命が短くなる
・雨漏りの原因
・換気の滞り

以上の点が挙げられます。

I様の「C値」の結果はなんと、
目標値をはるか超える「0.4」を計測しました!!

気密検査を見るポイントは、「気密性能C値」です。
一般的には、C値1.0以下が「高気密住宅」とされていますので、
より快適に過ごすには目標値は0.7以下が良いと言われています。

気密検査が終わると次は「外壁」です

建築途中は、施工担当も大工さんも気密をより良くするべく
最新の注意を払って頑張ってくださいました。次は建物を守る外壁へと進みます。